Spread the love

1億総スマートフォン時代の到来に向けて

今後、通話のみに利用されるかつてのガラパゴスケータイ(ガラケー)はメーカー各社でも生産を終え、全ての携帯電話ユーザーが確実にスマートフォンを使っていくようになります。

複数台所有の人口も増えている中、いかに安定した通話・通信環境を手に入れるか。これが今後のモバイル産業の鍵を握っていきますし、来たるIOT時代、つまりあらゆるものがインターネットに繋がり、人々の暮らしをより進化させていく社会の実現に向けて、このスマートフォンという存在が大きな役割を担っていくのです。

その上で、高品質&低価格のクジラモバイル、それを皮切りにした各種クジラサービスには大きな可能性が秘められていると断言して差し支えないでしょう。

ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアだけで何と年商18兆円!

端末も利用料金も、家計を最も圧迫している「携帯電話」。その圧縮は多くの家庭にとって大きな手助けになること請け合いです。

SIMの差し替えだけで済む海外仕様の端末は、グローバル時代にとっても大変合理的で、筆者も好んで使っています。

複雑で区分ごとの料金を小分けで見せることにより割安に感じるが、利用してみるとあれこれと追加になって結局高くなる、という既得権益にとってメリットの大きい仕組みとなっている。

抱き合わせ・オプション商法・長期縛りなどで複雑化した各キャリアの料金体系は、大変不誠実に感じますね。

必要なので仕方なく使っているユーザーが多いが、現在の携帯電話・スマートフォン料金への顧客満足度は極めて低い。

これを見ても24時間かけ放題&20GBデータ通信¥5,400が極めて安価なことが分かりますね!

見せ方で割安感を演出するも、実際の請求金額には大きな乖離があるのが大手携帯電話キャリアの特徴です。

機種変更を前提に長期間利用を強いる形式で、割高を通り越えてしまう印象の料金プランですね。

長期間利用すればするほど割高になってしまうプラン。これを見ると24時間かけ放題&20GB大容量データ通信で月額¥5,480がどれだけお得なのかがよく分かりますね。

現在「格安スマホ」と呼ばれる会社は入口の価格は安いものの、実際には実用性に欠け、まともに使うと実は高い、というのが現実です。

いよいよ俗にいう日本古来の「ガラパゴスケータイ(ガラケー)」が姿を消し、1億総スマートフォン時代が到来します。その時にどのような会社が評価されるようになるのか。「クジラモバイル」で決まりですね。

一般的に女性は「機械に弱い」イメージですね。実際に新しい機器になかなか馴染めない方もご年配には多く、この啓蒙・きょういくもこれからスマートフォンのさらなる普及のためには重要になってくるところです。

今やインターネット接続端末としては、パソコンよりもスマートフォンからの方が多くなってしまいました。これからますますこの傾向は強くなっていくと思われます。IOT社会がスマートフォンを中心に進んでいく、という説もうなずけますね。

年配層のスマートフォン利用率が急増しています。ガラケーが姿を消していくことが確実な今、この流れはさらに加速していくと予想されます。

年配層も続々と、YouTubeをはじめとするデータ通信容量を必要とするサービスへの利用が進んでいます。ですから、今後ますます高齢者層に広がって行くスマートフォン利用においては、大容量データ通信サービスを安心に利用出来る環境がますます求められるようになっていきます。

上記ようなの背景からも、「クジラモバイル」のように非常にシンプルで高品質&低価格な料金プランで提供がなされるスマートフォンサービスの需要はますます高まり、市場における存在感を増していくことが容易に想像できますね!

代理店事業に参画される方にとっては大きなチャンスと言って間違いありません!